作業と価格表

畳の作業内容は、「新畳」「表替え」「裏返し」の3つあり、それぞれ価格が異なります。また、畳表(ゴザ)・畳床(芯材)・畳縁など、使用する材料によってもお値段が変わってきます。

新畳

お部屋を採寸し、そのお部屋の寸法に合わせてすべて新品に作り直します。畳の上を歩くとプカプカしたり、凹凸が気になり始めたら畳床ごと新しいものに取り替えましょう。
※新畳入替の際には既存畳の処分代を別途いただいております。

表替え(新しいゴザとの交換)

畳表(ゴザ)が日焼けしたり痛みが激しくなったら、表替えの時期です。表替えとは畳床(芯材)はそのままで、修繕作業を行い、畳表(ゴザ)と畳縁(フチ)を新しいものに取り替えます。イグサの質が良く本数が多い畳表ほど地厚で丈夫な畳表になります。

裏返し(ゴザの裏側を使用)

新畳、表替えから5年前後(製品や使用度合で変動します)ぐらいが裏返しの時期です。畳床(芯材)をそのまま使用。さらに修繕作業を行い現在お使いの畳表(ゴザ)の裏側を使用します。

縁(へり)のデザイン変更

畳縁(たたみべり)は、模様や色によって身分等を表す時代もありましたが、今では様々なデザインがあり、自由に変えることができます。お好みやお部屋の用途に合わせて畳縁を選んで頂くと、より畳のある生活を楽しんで頂くことができるはずです。 デザインについての詳細は、弊社と提携している高田織物様のサイト、価格についての詳細はお問い合わせください。