作業と内容

2019.02.27

グランプリ大会で製作する畳について

 

皆さん、こんばんは!

志水製畳店です  :-) 

 

とうとう、今週末3月2日土曜日に迫ってきました

【第30回技能グランプリ】

 

皆さんから「グランプリでは何を作るの?」

 

という質問を多くいただきましたので

 

簡単に説明します。

 

私が出場します畳製作では、事前に課題が発表されていて

 

縫い方や、縫う間隔、切る角度などなど細かく指定してあります。

 

IMG_20190227_164525

 

IMG_20190227_164550(1)

 

IMG_20190227_164550

 

その課題にしたがい、板入れ畳と床の間畳(ゴザ)を

 

5時間以内に仕上げて、優劣をつけます。

 

道具も指定された物以外は使用禁止です。

 

DSC_9703

 

会場には一人一人、大きさと歪みの違う枠が用意されています。

 

その枠を採寸して板入れ畳を作製します。

 

DSC_9681

 

DSC_9509

 

床の間は台が用意されていて

 

薄縁を縫い、その台の足ににノコギリで切れ目をいれ

 

縫い付けます。

 

DSC_9682

 

DSC_9684

 

DSC_9683

 

板入れ畳とは、畳の短辺、縁の付いてない方の

 

畳床(芯材)に加工した板を縫い付けた畳のことです。

 

 

 

DSC_9680

 

FB_IMG_1551236816303

 

DSC_9707

 

DSC_9706

 

稲藁畳の角、框(かまち)の型崩れしないよう畳床の端に
 
板を縫い付ける作業を行います。これを板入れ畳といいます。
 
この板入れ作業は、技術と労力、時間を要しますので
 
板入れ畳を出来る職人も減ってきています。
 
板の縫い付け方を簡単に説明しますと
 
板を仮縫いしてから畳を裏返して、糸を鈎でひっぱりながら
 
左足かかとで踏み締め、畳の框が厚くならないように
 
板を縫い付けていきます。

FB_IMG_1551236827367

 

FB_IMG_1551236856516

 

DSC_9625

 

DSC_9631

 

 

DSC_9632
 

グランプリでは、皆さんに良い報告が

 

できるように頑張ってきますので
 

 

応援宜しくお願い申し上げます!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
—————————————————-
—————————————————-

 

畳替えをしませんか!?

 

≪表替え、裏返し、新畳、縁無し

 

琉球表 市松表 和紙表 モダン乱敷き畳≫

 

志水製畳店 蓮田屋

 

2013彩の国技能まつり競技大会畳製作

最優秀賞『埼玉県知事賞』受賞

 

29回 第30回技能グランプリ畳製作

『埼玉県代表』

 

厚生労働大臣認定 畳製作一級技能士

四代目 志水 富幸

 

本町本店

さいたま市岩槻区本町3-12-14

tel;048-756-1568

 

西町工場店

さいたま市岩槻区西町5-3-40

tel:048-756-4590

 

志水製畳店 蓮田屋HP

⇒http://tatami-shimizu.com/

 

志水製畳店 蓮田屋facebookページ

www.facebook.com/tatamishimizu

 

志水製畳店 蓮田屋

店舗の口コミ・ランキングサイト

www.ekiten.jp/shop_6043807/

 

いたま市伝統産業

志水製畳店 蓮田屋ページ

http://www.saitama-dentousangyou.com/143/index.html

 

「ブログをみて…」とお気軽にお問い合わせください